Content Marketing agency FABE union のコンテンツマーケティング戦略では、オウンドメディアに、ネット広告とプレスリリースを連動させます。
ネット広告は、オウンドメディアの認知度を早期にアップさせ、プレスリリースは、クライアントとオウンドメディアのブランディングにつなげるために連動させる施策です。

オウンドメディアと
段階的に連動させる

ネット広告とプレスリリースをオウンドメディアに連動させる場合、オウンドメディアの成長段階に合わせた連動が重要です。

■ネット広告とプレスリリースを連動
ネット広告とプレスリリースを連動

スタートは
オウンドメディア公開PR

オウンドメディアの公開・スタート時は、ネット広告によりオウンドメディアの認知を拡大するとともに、プレスリリースによってマスコミ各社に存在をPRします。
オウンドメディアの認知度をアップさせ、読者を集め、マスコミにニュースとして取り上げてもらうことが目的です。

Phase1はLPとネット広告で補完

オウンドメディアの立上から一定の期間は、コンテンツSEO効果が低いため、CV(コンバージョン)・ブランド、商品やサービスの購入・契約につながりづらいのが実態です。
そのため、LP(ランディングページ)とネット広告を組み合わせた展開で補完します。

フェーズごとに特集を活かす

オウンドメディアの特集は、フェーズ1からフェーズ4まで、各段階で企画・実施します。

特集で話題性創出

オウンドメディアの特集を活かし、ネット広告でオウンドメディアへのアクセスを増加させ、読者を獲得します。
同時に、特集で話題性を創出・プレスリリースを配信することで、ブランディングにつなげる展開が効果的です。
オウンドメディアの特集に連動させ、メールマガジンやSNSでプロモーションを実施すると、さらに効果が高まります。

プロモーションの展開は、下記、解説を参照してください。

「FABE union はオウンドメディアを軸にプロモーション展開」

2021年7月1日公開
Content Marketing agency FABE union 本部