コンテンツは、クライアントの業種、業態、ターゲット、コンテンツ制作の目的などにより、成果物の形が異なってきます。
ここでは、Editorial agency FABE union がご提供する、主なコンテンツについて、ご説明します。

制作対象のコンテンツ

Editorial agency としてコンテンツ制作に特化した業務をスタートしたFABE union。
中心となる制作対象コンテンツは「オウンドメディア」「eBook」「ホワイトペーパー」「書店販売BOOK」です。

FABE union の制作対象コンテンツ

コンテンツ制作の主な目的

コンテンツ制作で重要なことは「なぜ? そのコンテンツを制作するのか」コンテンツごとの制作目的を明確にすることです。
目的を明確にした上で、具体的なコンテンツの企画、制作に入ります。
参考に、「集客」と「ブランディング」を軸に、コンテンツごとの制作目的(役割)例をまとめました。

コンテンツ制作の主な目的

具体的な制作物

コンテンツごとの具体的な制作物・ジャンル・内容をまとめました。
オウンドメディアだけでも、親和性向上目的などの「ビジネスブログ」、コンテンツSEOを重視した「ノウハウ記事」、ブランディング重視の「技術、サービス、商品紹介」、SNSからのサイト流入を目的とした「トレンド記事」、基本的なSEO対策としての「用語辞典」など、制作するコンテンツは多種多様です。

具体的な制作物

求められるコンテンツ制作に
柔軟に対応

FABE union は、複数のコンテンツを組み合わせた企画・編集・ライティングから、1つひとつのコンテンツ制作まで、柔軟に対応します。

オウンドメディア対応例

  • オウンドメディアの立上・公開前コンテンツの蓄積
  • 立上後のコンテンツ制作
  • 公開済みコンテンツの改修
  • 独自調査コンテンツの付加
  • トレンドコンテンツの定期更新

※eBookやホワイトペーパー、書店販売BOOK発行を前提に制作

クライアントメディアの運営状況ごとに必要なコンテンツ制作に加え、eBookやホワイトペーパー、書店販売BOOK発行を前提とした、メディアコンテンツを制作します。

2021年4月25日公開
Editorial agency FABE union 本部